Remarkably attuned to the questions and concerns of childhood, Misuzu would often wonder in her poetry:  What does snow feel in a drift?  Where does day end and night begin?  Why don’t adults ask the questions children do?  

Here are a few poems excerpted from Are You an Echo? in English translation and their original Japanese.

 

 

 

 

Big Catch

 

At sunrise, glorious sunrise
it’s a big catch!
A big catch of sardines!

 

On the beach, it’s like a festival
but in the sea, they will hold funerals
for the tens of thousands dead.

大漁

 

朝焼小焼だ

大漁たいりょうだ

大羽おおばいわし 
の大漁だ。



はまはまつりの

ようだけど

海のなかでは

何万なんまんの

いわしのとむらい

するだろう。

 

 

 

Benten Island

 

“Such a lovely island—
seems a shame for it to be out there,
so I’ll just snag it with a rope
and take it away.”

 

So laughed a sailor from the North.

 

He’s lying, he’s lying, I thought.
But as night grew darker, I began to worry.

 

And in the morning, with my heart racing
I ran to the beach.

 

Benten Island was still there
floating on top of the waves
wrapped in golden light,
green as always.

弁天島べんてんじま

 

「あまりかわいい島だから

ここにはしい島だから、

もらってゆくよ、つなつけて。」



北のお国のふなりが、

ある日、笑っていいました。



うそだ、うそだと思っても、

夜がくろうて、気になって、



朝はおむねもどきどきと、

けて浜辺はまべへゆきました。



弁天島は波のうえ、

金のひかりにつつまれて、

もとの緑でありました。

 

 

 

Wonder


I wonder why
the rain that falls from black clouds
shines like silver.


I wonder why
the silkworm that eats green mulberry leaves
is so white.


I wonder why
the moonflower that no one tends
blooms on its own.


I wonder why
everyone I ask
about these things
laughs and says, “That’s just how it is.”

不思議ふしぎ

 

わたしは不思議でたまらない、

黒い雲からふる雨が、

ぎんにひかっていることが。



私は不思議でたまらない、

青いくわの葉たべている、

かいこが白くなることが。



私は不思議でたまらない、

だれもいじらぬ夕顔ゆうがおが、

ひとりでぱらりとひらくのが。



私は不思議でたまらない、

たれにきいても笑ってて、

あたりまえだ、ということが。

 

 

 

Beautiful Town


Suddenly, I recall that town…
the red rooftops along the river bank;


and then, on the waters of that broad blue river
a white sail—quietly, quietly moving;


and on the grass of the riverbank
a young man, an artist,
idly staring at the water.


And I? What was I doing?
When I think I can’t remember,
I realize it was all a picture in a borrowed book.

美しい町

 

ふと思い出す、あの町の、

川のほとりの赤い屋根。



そうして、青い大川の

水の上には、白いが、

しずかに、しずかに動いてた。



そうして、川岸かしの草のうえ、

わかきの小父おじさんが、

ぼんやり水をみつめてた。

そうして、わたしは何してた。

思もい出せぬとおもったら、

それはだれかにりていた、

御本ごほん挿絵さしえでありました。